コロデアリー いまやりたいこと

介護施設から独立しました。仕事で得た知識や情報を紹介したり、時折日記にもなります。

「出産に当たり前はない」身をもって知ったことが、こんなに世の中には溢れていたのか。

(少し重たい話があるかもしれませんので、気になる方はスルーしてくださいね。)

 

息子が生まれた時。

産声を聞くことはできず、何が何だか分からないままドクターカーで運ばれた病院へ。

説明を聞いても、何だか実感がわかず。想像もしていないことの連続でした。

 

それまでの私は無事に生まれることは当たり前とくらい思っていたし、NICUやGCUといったものがあることすら知りませんでした。

今はドラマとかでもよく話題になることもあり、認知度は上がってきたかもしれませんが、知らない方って多いんじゃないでしょうか。

 

あの時はね・・・

言葉があっているかわかりませんが、悲劇のヒロイン的な感じもあったんです。それくらいしか考えられなかった。

NICUでも、こんなにたくさんの家族がいるということにもビックリ。色々と息子のことを調べていて、人工呼吸器をつけている方、色々な経験をした方がこんなにいたことにもビックリ。

 

そう、私が知らなかったこの世界は、決して他人事の世界ではなかったんです。

誰にでもすぐ横にある世界だったんです。

 

しばらくしてから出会った本がこちら

 

f:id:ankolo1919:20200716204119j:plain

 

色々検索していたからかな。アマゾンのあなたにおすすめで出てきて、気になって購入。

死となると、少し重たく、そしてどうしてもいつか来るであろう日のことを想像してしまうので嫌だったのですが、どうしても読んでおきたかった。

 

たくさんの家族の戦いと、日常の記録。私もそうだったのですが、こういったことって中々話し合える人がいないんです。言われてもきっと困るでしょう。

だから中々「私もわかるよ」って経験ができないんです。だからこの本を読んでどこか救われたところがありました。そしてやっぱり今、できないことは多いけれども、それでも出来ることを、息子との娘との日々を大切にしていかないといけないなと改めて思いました。そんな気持ちになれただけでも・・・良かった。